2009年06月27日

散髪の途中に警察に連行された男性の、気の毒な写真

悪いことをしたら、当然警察に捕まります。
そんなこと、小学生でも知っていますよね。


では、警察が犯人を捕まえる瞬間って
どんな状況なのでしょうか?


例えば、麻薬売人を捕まえる時って
映画みたいに、警察がバーンッッ!て
麻薬取引アジトの部屋のドアを蹴り破って、
捜査が行われて、
警察が犯人に
「プッチョ ハンズ アップ!!!サナバ ビッチ!!」
なんて叫んで、お見事。犯人逮捕。



そんな状況が思い浮かびます。(どんな状況?)



ところが、いつもこういう状況で
犯人が逮捕されるなんて限りませんよね。


今回はアメリカ、インディアナ州で
散髪中に逮捕されてしまい、その写真が
ネット中を駆け回り、一躍世界じゅうの笑いものとなってしまった
ちょっと気の毒な男性の画像のご紹介です。



それではその気の毒な写真を
ご覧下さい。





marcus-t-bailey.jpg


…。


やっぱりこういう時って
警察も待ってくれないんですね…。

それにしても、彼は
「笑うんなら笑ってみろよ!」といった感じの
なんとも潔い表情をしていると思うのは
私だけでしょうか?


ミッキーマウスの、耳の位置がちょっとずれた感じで
愛嬌のある髪型ですね。




下は「生まれたときの体重」にあわせて、注文をうけてから
カスタムメイドされる、ミッキーマウスのぬいぐるみだそうです。

思い出に残りそうで、なかなかいいですね。


posted by のら at 16:32| Comment(0) | ちょっと気の毒なニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。