2009年08月12日

なんか感動するスタンド・バイ・ミー


「スタンド・バイ・ミー」

この曲ほど、世界中で知られている曲はないのでは
ないでしょうか…?

にほんブログ村 動画紹介ブログ 面白動画へ
にほんブログ村ブログランキング参加中です。クリックしていただければ、大変励みになります。



もともとは、1961年にアメリカの「ベン・E・キング」が
ヒットさせた曲で、単純なコード進行が非常に親しみやすく
かつ、印象的な曲です。


今回、この映像は世界中のストリートミュージシャンなど
無名のアーティスト達によって、ストリートで録音されました。


カリフォルニア州のロジャー・リドリーから始まって、
次はルイジアナ州ニューオリンズの盲目のストリートミュージシャン
グランパ エリオットが、ロジャーの音を聴きながら
それに合わせて歌っていきます。


少しずつ世界中の音が混じってきて、なんだか「良いなあ」と
思わされます。


それでは、お時間のある方はお付き合いください。








posted by のら at 15:37| Comment(2) | ちょっとホロリと感動する動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月03日

自閉症の人が、アメリカ国家を独唱する動画

日本では、スポーツの代表の試合の前に、歌唱力のある人
によって独唱の国家斉唱が行われますよね。

にほんブログ村 動画紹介ブログ 面白動画へ
にほんブログ村ブログランキング参加中です。
クリックしていただければ、大変励みになります。



個人的には、大黒摩季さんの国家斉唱が好きだったりして…。


アメリカでは、どのスポーツでも国家斉唱は行われており、
基本的に、やはり歌唱力のある人が選ばれ、独唱というかたちに
なっています。



場所はアメリカ、ボストン・レッドソックスの
本拠地スタジアム、
ボストン-フェンウェイ・パーク(Fenway Park )。

今回は、身体障害者のためのイベントが
行われており、自閉症の男性が独唱で国家斉唱を
行います。


自閉症の症状なのか、緊張のあらわれなのか
この男性は途中で笑いだしたりして、うまく歌えません。

でも、ある力によって最後まで歌いきることが
できました。


ご覧下さい。





アメリカという国は、人によっては
好き嫌いもかなり分かれてしまうようですが、
こういう一面が、私は大好きですね。
posted by のら at 10:12| Comment(3) | ちょっとホロリと感動する動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。